半径マイナスの生活空間

現人神へと変わるまで、リターンズ。

 最近はTwitterで裏垢専用のROMアカウントをつくって遊んでいた。それこそ自由な時間を全部注ぎ込んでるんじゃないかと思うくらいハマっていて、将棋も指していなかったし、別のTwitterアカウントの使用頻度も減ったし、YouTubeも見る頻度が減ったし、日記も書いていなかった。面白かったのだと思う。

 

 何の気なしにLINEを見ていたら、学生時代に一番可愛いと思っていた子の結婚式の写真を見てしまって、自分が存在していることが嫌になり、ふと我に返った。あの頃は対等になれるとさえ信じていたのに。エロ専用アカウントまでつくって俺は何をしているんだろう。誰に顔向けを出来るわけでもない生き方をしている。みじめなままで死にたくないと思いながら、どんどんみじめな生き方をしている。

 

 俺も愛されたかった。けど愛されたいだけで誰かを愛しているわけじゃないんだろう。愛されたい、愛されたいと求め続けて、元カノには愛想を尽かされた。じゃあ俺はこの欠陥を抱えたまま生きて、死んでいかねばならないのだろうか。 人生は残酷だ。けどきっと、今日の感情も思考も時が呑み込んでいく。きっと来月か来年か来世には忘れてしまっているのだろう。俺の人生を愛したい。愛してほしいと思う頃には、ぜんぶ手遅れだ。