読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

20170516 幸せにする力

 積み上げたものなんて何にも無いように思う夜、何も選ばなかった選択肢が積み重なってることに目が行く。遠くばっかりを見て近くを見ていない。いつものことだ。やっと視界に入ってきたころには膨大な恐怖が想起される。仕事を探さなきゃなあ。時間が足りない。今の足りない分すら頑張れていないんじゃないか。今じゃなきゃ意味がない。これまでできなかったこともやっていきたい。我慢は必要だ。けどどれくらいが適正かなんて自分には分からない。下の方から徐々に人生は埋まってきているように感じている。良い方向に人生も進んできていたような気がする。ここに来て無職だ。まだ慣性が働いているようで、かろうじて良い方向に物事を捉えられそうな気がしている。ここで結果を失いたくない。今よりも良い条件を掴み取りたい。金が欲しい。家族として暮らしていけるだけの金が欲しい。それなのに頭を下げる程度のこともできない。ただ規則正しく生活することもできない。わがままだ。結果の伴わないわがままなんて許容されるはずがない。何が必要な結果だろう。不自由がない方がいい。無理のない仕事がしたい。転勤のない仕事がしたい。できれば夜勤のない仕事がしたい。自分の道徳に沿った仕事がしたい。家族って何だろうな。仕事って何だろうな。自分が生きていてもしょうがないと思う時期も長かった。金が無いと憎む夜も多かった。真偽がどうであれ金が無いと自己決定権すら育てられないと思って生きてきた。家庭で子どもを持とうなんて考えるとは思わなかったなあ。準備が百パーセントできるとは思ってないけれど、子どもに生きる業を背負わせるなら環境を整えてあげたい。まだまだ準備は全然揃えられていない。自分の世話すら見れていないのに「家庭が」なんて言葉を使うから遠くばっかり見てるなんて言われるんだろう。自分の仕事も続いてないのに「子供の環境が」なんて言ってるから遠くばかり見ていると言われるんだろう。交際がいつまでも続く保証もないのに。馬鹿だなあ。現実を突きつけろ。見たくもねえ現実。時の流れがはたして解決するか? 見たくもなくてもこれを解決しないと前に進めない。結果がいる。前に進まなくちゃいけない。欲しいものを数えないと。欲しいものを口に出さないと。その機会すら凡人には与えられない。幸せな人生が欲しい。幸せな家庭が欲しい。今は下地の金銭が欲しい。幸せになってほしい。幸せにする力が欲しい。

広告を非表示にする