読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

20170321 カメラとボードとセンスとコミュニケーション

日記

 燃え尽きた。やる気に満ちていたフェイズが過ぎ、いつも通りに落ち着くサイクル。

 これまで自分が繰り返しやってきたことに気が付いたっていう他人のインタビューを見て、とても羨ましく思った。いつもいつも自分は何してきたんだろうと思う。


 久しぶりにスマホで将棋を指して、自分は弱くなったなあと思った。続けていないと能力は衰える。昔は出来ていたことがまた一つ出来なくなったんだなあと思って悲しくなった。昔より費やした時間は明らかに減っていて、自分にとって昔よりは大切じゃなくなったんだろうと思う。代わりに何か手に入ったのかを考えてみても、パッと思い当たることはない。


 最近はカラオケも楽しめなくなってきた。毎週のように行っていた時期は過剰だったと思うが、これほどぱったり行かなくなるってのは予想外だった。もともと歌が下手だったので採点の点数が上がっていくのが楽しみだったのだが、83点くらいでピタッと止まってしまってやるせなくなってきた。何が好きだったんだろうな。何が嫌いになったんだろうな。


 インプットへの気持ちが足りないと思いはじめた。余裕がないのかもしれない。振り返ってみればそのときは何も思わなくとも熱中していた時期というのが自分にも確かにあって、自己啓発もそうだったし、ブログもそうだったし、Twitterもそうだったし、FPSもそうだったし、将棋もそうだったし、YouTubeもそうだったし、ニコニコ動画もそうだったし、アニメもそうだったし、カラオケもそうだったし、短歌もそうだったと思う。


 何も手に残ってないが、それらに熱中していた季節ってのが確かにあったはずだった。積み上げることは諦めて、飛び込んで飽きて次へ行くしかないんだろうか。毎回が未経験、弱いままニューゲーム。時間が経つほどに重くなる枷。そんなものだと仮定して臨んだ方がいいんだろうか。俺の興味なんて代替可能なんだろうか。今は興味があるものもいつかは衰えて興味を失っていく。それなら今かたちにしていった方が自分にとって都合がいいんだろうか。そもそも俺は何かやってこれてきていたのか。


 輝きは儚いが次へと繋がり、新たに生む胸の高鳴り。自分が見たものを画面に再現する能力を高めたい。リズム感を高めたい。日常から言葉を感じる力を高めたい。流れに乗り続ける力を高めたい。