読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

20170217 生活のコンパスに向き合う

 やりたくないことリストを書いたのでやりたいことリストに変えていきたい、って、これは前にも書いたか。


 債券投資について一回簡単なことを教わってみたい。2020年までを目途に景気が転換するって誰かの言葉を鵜吞みにして、三年の固定金利国債を考えたい。けれども、十年の変動金利がおすすめらしいという文章を見た。そもそも未来がどうなるかなんてものが分かるはずもないし、自分の頭で考えられないような人間は投資で大損するらしい。自分の行先に不安しかないな。


 他にはイラストも描けるようになりたいし、カラオケも上手くなりたい。文章も書けるようになりたいしフリースタイルラップもできるようになりたい。


 一年とかってスパンで見ればやりたいことってのはあまり変動していないように見える。ただここ三年分くらいを見返してみると枝葉は少しずつ変わっているようだ。俺の根本にあまり変化がなかったとして、俺はその理想にどれだけ近付けただろう。その理想のためにどんな行動を取れただろう。たとえ小さな一歩だとしても、俺は踏み出せていただろうか。


 俺の人生ってのはあとどれくらい残ってるのだろう。やり残したこと、やってみたいことを考えるとあまりに短い時間しか残っていない気がする。一説には転職のデッドラインが35になるらしい。その辺りまでは体が動くだろうと楽観しているし生きられそうな気がする。


 ぼんやりと、ここら辺が俺の生きたい通り道なんだろうなあという輪郭が見えてきている気がする。学生として進路を考えているときに、これくらいの景色が見えていたかったなあ。もっと言えば学生時代に、自分の歩む道がはっきりと見えていたらよかったのに。それは望みすぎかなあ。


 コンパスがはっきりしてくると、じゃあ後は四の五の言わずに走れよって感じてしまってツラくなってくる。ツラいことはツラいが、悪くないツラさだろう。ただ耐えるだけじゃない、まだ希望が見える。多少は人格が濁ってしまったかもしれないが、それなりに必死になれてきていると捉えたい。俺は世界総体に望まれなくとも生きるぞ。