読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

早寝早起きについての自分用メモ 20161202

 なぜ早起きをしようと思うのか
 アルバイトに遅刻しないため。アルバイトに遅刻しないことが早起きの一番の理由なので、基本的に休日はどうでもいい。

 とは言え休日に昼過ぎまで寝て生活リズムを崩せば、もちろん平日にまで影響が及ぶので、平日に影響を与えない程度には起床時間をコントロールしたい。一般的に平日と休日の起床時間の差を四時間以内に抑えることが望ましいとされているようなので、それを目安にしたい。

 いつも出勤時刻に追われているのをもう少しマシにしていきたい。時間に追われない生活をする。

自分の早起きの目安は

起きてから
Twitterを見る
ご飯を食べる
歯磨きをする
髭を剃る
服を着替える
顔を洗う
寝癖を直す
トイレに行く
が余裕をもって行えること

 運動の時間を取れていないので何か案を考える。職場で筋トレをするわけにもいかないし、自分にとって自転車で負担なく通勤できるような距離でもない。家に帰り着くと運動する気が無くなる。ジムも行くまでのハードルが高い。朝運動してシャワーを浴びてっていうのはあまり自分と相性が良くないように思う。

 風呂に入る前に拳立伏せと腹筋、ストレッチをする。

 寝起きが良い睡眠時間は四時間から六時間くらいだと思っている。けれども、日中を過ぎたころから急激に眠くなったり、体調を崩したりするので、寝起きが悪くても七から九時間取りたい。

 夕飯が消化しきれていないと寝起きが悪くなるらしく、寝る前に夕飯を食べるのは好ましくないみたいだが、都合上、どうしても夕飯を摂る時間が遅くなるので、せめて夕飯の量を減らすことを心掛ける。代わりに朝食と昼食は普通に摂るようにする。

 どうせ寝る時間を決めたところで眠れないと思うので、寝る時間から瞑想、ロングブレス、韻踏み、しりとりなんかの中から相性が良いものを選んで行うように心掛けたい。スマホや道具を使わずに済み、かつ布団の中でも行えて、リラックスができそうなことをストックしていきたい。