読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

支え方は思いつかなかった

日記 雑記

バイト先の人が「友達もいなくて、仕事も出来なくて、アタシは本当に生きていてもいいのかなって思うんです」と話していた。ここまで書いてしまうと自分としては具体的に書きすぎてしまっている感覚があって、せめて投稿する日付なんかをズラして、職場では休憩中だとしてもスマホからだとしても自分のブログを確認しない方がいいだろうなあと思った。それを差し引いてもこの台詞は切り取っておいた方が良さそうだ。たぶん昔も似たようなことを書いていたはずなのだけど、自分の言葉を発せた気がしないし、次がある前に煮詰めておくべきだろう。

けれどもインターネットを眺めていると、最適解は「あまり深刻に受け止めずに聞いておく」ぐらいである気もする。聞き流すのも道徳的には良くないのだろうなあと思うのだが、深刻に聞き、加えてアドバイスまでしてしまうようだと、お互いに実害が出てしまうような気がする。つまり、ブログに書こうとするなど以ての外なのだ。ブログを書きながら矛盾を起こしていく。

ざっとTwitterを見ていると丁度役立てられそうな記事が流れていた。
メンヘラ化したブラック企業時代の私を支えてくれた恋人の3つの対応 – メンヘラ.jp


俺個人に出来ることなんてないんだよなあ。恋人になりたいわけでもなく上司であるわけでもない。ただ俺の方が半年くらい早く作業に入るようになっただけ。自分が取り組むべきことと言えば目の前の仕事を誰でも出来るように片付けておくくらいだろう。そうすれば自分の先輩にも顔が立つし、後ろの人間にも歩きやすい道が拓ける。前例も使いようだ。仕事が出来ないなんて悩む必要だってきっと無くなる。俺が直接的に関わる以外にも、支える役割は果たせるはずだ。そう思うこれは逃げなんだろうか。不必要なミスマッチを全部解消していく。俺より後に入った人間も大抵は俺が愛するべき人間だ。余計なお節介にならないように気を付けて、道をつくっていきたい。