読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

夏に忘れた宿題たちへ

短歌

 夏

 夏に触れ、暑さに耐えたあの昼へ。波打つ水が流していくか。

 海

 砂の城。上手くはできず無駄な日を費やすことも必要だろう。

 太陽

 じりじりと僕らに迫るこの日々を、見守る太陽お忘れなきよう。

 サンダル

 サンダルを履けばよかった。あの夏の白い砂浜。ひどい熱さだ。

 花火

 夜を待ち、花火大会熱染まり。見上げる空と隣の横顔。