読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

いま取り組む問題

 今日は可能な限りですます調で書きます。意味はありません。

 最近はやることを減らそうとしています。けれど、上手く減らしきれていません。自分にとって何が大事なことなのか、優先順位を決めることが苦手です。自分の手から溢れそうだとは感じていても、あれもこれも詰め込みたくなってしまいます。英語も勉強しなきゃならないような気がするし、会計も勉強しなきゃならない気がするし、プログラミングだって、投資だって、生活習慣だって、筋トレだって、コミュニケーションだって……。足りないことばかりが頭に浮かびます。本当に必要なのかは分かりません。けれど、必要になってからでは間に合わないような気がします。何が大事なのか分かりません。すべてを満たすための時間と気持ちも残っていないように思います。

 
平和な閉塞感は、解消すべき課題なのか?(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)


 閉塞感があります。幸せではないかもしれません。それに近い、一歩手前くらいのところをウロウロとしているように思います。不完全な自分を受け入れられていないのかもしれません。かと言って、完璧な人間になることも出来ないので難しいところです。何か一つを選べと言われても、一つでは不安になります。「あれもこれも。念のためにそれも」と加えていくと、荷物はどんどんと増えていきます。隣の芝生は青く見えます。自分が手に入れたものはあってもなくても変わらないように思えます。

 
ここではないどこかを求める心理


 ここではないどこかへ行きたいとよく考えます。どうやったら行けるのかは分かりません。こうした考えの背景には、依存体質や現実と直面することを避ける精神的未熟さがあることが多いようです。

 優先して考えるべきことは、自分に何が出来るのかと自分が何を残せるのかだと思います。何が出来るのかが分からないと、自分は前に進むことが出来ないように感じます。けれども何が出来るのかは、実際にやってみないと分からないとも思います。それなら期限を決めるだけ決めて、後回しでもいいのかもしれません。今、そして恐らくこれからの自分は行動する気がありません。今は自分に何が出来るのかと問う必要もないのかもしれません。

 毎年のように、今年こそバイトを辞めてまともな仕事を探すと呟いています。まともな仕事が何なのかも、はたして自分がその仕事に就くことが出来るのかも分かりません。ただ、辞める準備だけはしようと思っています。コツコツと業務引継書をつくって、毎日出来るだけ楽しく仕事が出来るように努めています。直属の上司と呼んでも差し支えない先輩にはお世話になっていますし、なるべく迷惑がかからないような形で軟着陸したいと考えています。好きな人もいれば嫌いな人もいます。仕事内容は好きではありませんし、アルバイトなので給料もそれなりです。三年後に会社が残っているかさえも分かりません。それでも、トータルで見ればそこそこ満足していて、今年も踏ん切りがつかずに愚痴を言い続けているのかもしれません。今にも崩れそうなバランスの上で、いっそ崩れたら楽になれるのかもしれないとさえ考えます。自分は会社ではなく、先輩の仕事にコミットします。きっとこれだけは変えません。けれど、それにも限界があるのだろうと感じています。まずはこの仕事を終わらせないといけないのかもしれないと思いました。現実から目を逸らして、先輩に依存している場合でもないのでしょう。自分が今いちばんに取り組むべき問題でもあると思いました。

広告を非表示にする