読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

Kindle_Unlimited がきっかけで読んだ『インベスターZ』が面白かった

トピック「kindle」について


 Kindle_Unlimited の試用期間にかこつけて、読書の量を無理やり増やしている。無理やりというのは、文章の多読について自分が持っている印象を言語化したものだ。そんなに難しく書く必要もなくて、「本を読むのがしんどい」くらいで十分なのだろう。

 普段読む機会を取ることが出来なさそうなビジネス書だったり、漫画だったりを中心に目を通している。読むという言葉が相応しくないくらいに、右から左に駆け抜けていっている。画面には言葉が並んでいるというのに、自分はどこか明後日を向いたままだ。

 そうして読んだ中で、今の自分にとって最も面白かったのは『インベスターZ』だった。続きが気になって仕方がなかった。まだ完結していないようだが、主に経済を取り扱っている漫画のようだ。漫画の中では投資の有用性を主張しているのだと思う。いつだったか、労働が生み出す価値よりも、資本が生み出す価値の方が大きいという証明をした本が出ていたような気がする。万人が投資をするべきだとは思えないが、投資について知識がないというのも機会損失なのだろう。負ける人間は負ける。投資をするべきかはともかくとして、経済の知識を比較的楽に学べれば、今後の生活で活きることもあるだろうと思う。

 何が面白かったのかを考えてみると、自分でも経済のことが分かった気になれるくらい、解説が分かりやすいところだろう。フォーマットこそ漫画になっているが、学生の頃の教科書として読みたかったなあと思った。経済に全く興味を持ってこなかったような自分のような人間が『インベスターZ』を読めば、社会の捉え方が恐らく変わり、今よりも明瞭になると思う。明瞭になった先の世界がどうなっているかは、恐らく個人のこれまでの生活で変わってくるのだろうが、読んでみる価値は十分あると思った。

 こういった分かりにくいトピックを分かりやすく説明してくれる本がもっとあったらなあ。

インベスターZ(1)