読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

20160616 カクヨムに登録した

 

 

 リリース前くらいからカクヨムを使ってみたいと思っていて、けど小説なんて書いたことが無いしなあと思ってやれずにいたのだけれど、とりあえずで登録してみた。また使わないアカウントが増えてしまいそうだ。個人的な手応えだと今回の文章はそこそこの出来になった気がして、どこか保管場所を作っておきたかった。ブログに置いてあると何かのきっかけでブログごと全部消すだろうことは目に見えているし。最低限の体裁が保てているものはカクヨムに投げ込んでいけたらいいなあと思う。理想は週一の更新かなあ。けれども、日記の更新すらおぼつかないようなときもあるので、それにノルマを付け加えるような形になってしまうと、定期的に更新するってのは難しいのかもしれない。小説でなくても、自分が他人に見せられるくらいのエッセイなりを書いてみたいなあという気持ちもある。しかしながら、他人に黙って練習したところで上達しないと何処かの偉い人も言っていた気がするし、少し望み過ぎているかなあ。ゆっくりライフワークとして続けられたらいいくらいの気持ちで、しかしながら将来的にはリターンも欲しいと思ってしまっているんだよなあ。欲しがったのは愛情か才能かはたまた財宝か。そう言えばカクヨムではカクヨム記法なるものがあるようで、それを使って一部の読みにルビを振った。こんな読み方が本当にあるのかと疑問を抱きながら、少し気恥ずかしく思った。例えば何かをすることが使命だと言う人がいる。文章を書くことだったり、何かをつくることだったり、他人に優しくすることだったり。それを自分に当てはめてみると、暫定的な答えは、内面を整理することなのかなと思った。まあ、自己保身からそれほど離れてはいないと思うのだけれど。その仮定に基づいて、何か良い手段がないかなあと見回していきたい。今週のお題を見て思い出したのだけれど、職場から帰ろうとしたら傘が無くなっていた。少し悲しい。