読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

20160614 早く寝なさい for me

 ダイエットのテレビを見ていたら女性が「食べ物は飲み込む時が美味しい。噛むと美味しくなくなる」みたいなことを言っていて、独りで『わかるわかる』と頷いていた。けど、もっとよく噛んで食べないと駄目なんだろうなあって、小学生みたいなことを考えている。今日は休日だったので家でゆっくりしていた。内向的な人の休日の過ごし方の例としてよく読書が挙げられるように思うが、YOUTUBEを見て昼寝をしていたら一日が終わった。現代人っぽい。人と会うと疲れるんだよなあと思って、記憶を振り返っていると、時間の密度が高いのが理由なんだろうなあと思った。時間の密度が高いっていうのは、自分の中では受け取る情報量が多いとも言い換えられるのだろうか。独りでいる普段よりも誰かといる非日常は受け取る情報量が多くて疲れるのだろう。誰かといる非日常って言葉が出てくるのが休日の過ごし方を表していそうだ。じゃあ、何で他人といると情報量が増えるのだろうか。それは他人がモノサシになっているからかもしれない。人は比較対象が増えるほど考える力が増すらしい。引き出しの多さとでもいうのだろうか。例えば、考具だとかフレームワークだとかの形でよく聞く気がする。5W2Hだとか。自己から見た他人のその人らしさって言うのが一種のトリガーになっているのかもしれない。あの人は優しい、だからこう考えるだろう。こんな出来事があった、周りの人間はどんな反応を取っているか。それぞれを自分の中で生まれた感情と比較して、今までの経験による理想の回答を頭に思い浮かべ、今の状況に即したと思われる適切な回答を発言する。普通なら自分だけの回答で済むところが、人数分の他人の回答、他人を幾つかのグループに分けたときの集団への回答、自分の回答、理想の回答、状況への回答みたいに膨れ上がっていくのかもしれない。HSP(感受性の強い敏感な人)ってのが昔話題に上がっていた気がするが、生きるの大変そうだな。そんな人たちの改善案だとかが役に立つのでどっかに転がってないかなあと思っている。本を買ってまで読むかと言ったらそんな文化資本なんて無いけれども。要は自分の器じゃ世界が受け止められないってことで、文章にすると当たり前に見えるなあ。受け取る情報を自分で取捨選択できたら良いのかもしれないが、方法が直感的には分からないなあ。Twitterで、ストーカー気質の人は支配したがってるんちゃうのってツイートを見て、何だかこの辺りは深く掘ると何か出てきそうだなあと思った。温泉か石油か財宝か悪魔か。上手くいった経験がないから他の人よりも執着が強い部分なのかもしれないな。委ねるには信頼が必要だよねツイートもあった。昨日の日記を読み返してみると信用なんかしちゃいねーわって部分があって、またしてもビンゴの予感がした。プログラミングに憧れるのも機械を支配したいって欲求があるのかなあ。残念ながらHowがまったく追い付かないのだけど。何よりもまず自分を支配するべきでこの時間まで日記を書いている場合じゃない。