読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

私がブログを書く理由

ブログ 雑記

 自分がブログを書く理由について考えてみる。

 昔は自分自身が書き続けるためにブログを使っていた。人の目に触れる可能性があるからこそ、多少なりとも自分の文章に価値が宿るものだと思っていた。自分だけしか読まない文章を書く気が起きなかった。これが理由で、オフラインに、チラシの裏に書くことが出来ていなかった。けれど、あくまで他人に読んでもらうことでは無く、自分が書くことを続けられるようにブログというツールを使っていたのだと思いたい。

 今はどうだろうか。最近にしてやっと、少しずつオフラインでも書けるようになってきた。数年越しにやっと諦めがついてきたのかもしれない。”完全に”とは言えないが、前より少しは節操が身に付いてきたのではないだろうか。手帳も買った。アナログに書く習慣も身に付けようと奮闘中だ。それに伴ってブログとして書き続ける理由は薄れてきている。

 書きたいと思うことは、たいてい他の誰かが関わっていたような気がする。例えばその事柄について当人の名前を出して書くことは難しいし、書き終わった後も自分にとっての負債として残る。限度を全て取っ払って考えたとしたら、インターネットに書くことで、世界に渡って広まる可能性もある。実際には、そこまで注目を集めることもないだろうってのが多少の実感としてあるのだが、オフラインに書いた方が、自分にとって煩わしさが薄れるような気がした。

 それでもブログにメリットが無くなったわけではない。自分の使い方が悪いだけだ。大体が、伝えたくて書いているわけではなかった。誰かに分かってほしくて書いていた。書き手である自分が努力するのではなく、読み手である読者に、読解という努力を強要するような文章ばかりを書いている。それが悪いことだと謝るつもりはないが、手放しで望ましいこととも言えないだろう。そんな自分は、人目の入らないところで書くっていうのが、自分の考えるあるべき姿だ。

 グダグダと書いたが、現時点でもブログを書く理由は大きく変わらない気がする。「自分が興味を持つ誰かが読んでくれるかもしれないから」に尽きそうだ。けれども、オフラインに書くべきことをオンラインで書いていたっていうのが(、自分の書いていたものの中では)面白いところでもあったのだろうし、良かったところが削り取られていって、尚のこと読みにくいものが残っていくのだろう。

 それでも自分は完全にはブログから離れられていないみたいなので、飽きて自然と足が遠のくまでは、細々とでも更新を続けていけたらいいなと思う。