読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

将棋アプリ 将棋ウォーズに騎士団機能がリリース

 すごく遅れながらも速報の真似事を。実際に将棋ウォーズをインストールしている人以外には何の関係もない更新。

 騎士団機能はパーティーだとかギルドだとかサークルだとかコミュニティーだとか、そういう集まりを指していると捉えてよさそう。

 他のゲーム、例えばRPGなら一緒に戦ったり、役割を分担できたりのメリットがあるが、将棋ウォーズはその名の通り、将棋である。実際に戦うのは自分と相手の二人であって、同じ仲間だとしても、アプリ内の仕様としては助力することは出来ない。

 それなら騎士団機能のメリットとは何ぞや。

 ということで引用すると

棋士団内段級位が高い順から5名の段級位の合計でランキングを競います。

棋士団内限定の掲示板でコミュニケーションを取ることができます。

 の部分が肝なんだろうと思う。上は騎士団イベントから。下は騎士団の機能について。

 騎士団の機能がリリースされたことで、騎士団イベントが導入された。騎士団は最大7人までで結成できるようで、今回のイベントはその中での高順位5名の成績が騎士団として反映される。これによって、これまでの個人ランキング戦だけでなく、なんちゃって団体ランキング戦も出来るようになった。

 今までは自分だけの成績しか無かったところに、新しく騎士団としての成績が加わる。今までは、自分の調子が悪いと反映される成績も勿論低かったのだが、今回以降は騎士団としての成績も出る。こちらは団員の数が揃っていれば、自分だけの成績ともまた変わってくるので、違った楽しみが増えたとも言えるのではないだろうか。

 また、同じ騎士団の中でコミュニケーションが取れるようになった。もちろん、対局中に指し手を教えられるとかそんな類ではなく、ただの掲示板でしか無いのだけれども、使い方によっては、好影響を与えられそうだ。

 団体として挑む以上は、1人が強くとも、周りが残念ならば成績が上がりきらない。それなら周りにも強くなってもらった方がよく、そのためのライトなツールが掲示板として導入されたとも言えそうだ。

 また、成績を上げようという目的がなくとも、共有するもの(例えば騎士団イベント)があって、知り合いとワイワイするのが面白いという人も少なくないだろう。

 そんなに上手くいくのかは分からないが、個人的には変化の大きそうなリリースだと感じたので備忘録程度に。

 ちなみに今日時点で はてな に関係しそうな騎士団は見当たらなかった。はてなと将棋に親和性があるのかどうかは分からないけれども。

 初段に上がりたいのだけれど上がれる気がしない。寝て起きたら強くなってないだろうか。将棋ウォーズ初段まで引き上げてくれる人を、緩く募集しております。