読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

スモールトーク難しい

雑記 英語 雑談

 スモールトークについて調べてみた。当たり障りのない話、雑談などが和訳にあたるらしい。

 『【英会話で超重要!】スモールトークを覚えよう!電車で300人以上と話してきてわかってきたコツ | 海外就職・海外留学に関する情報を“実体験”を元に語るブログ - がんばれ!のび太!

 ルーティーンの存在

 『何を話せばいい?英語での雑談で使いたいスモールトーク表現18選 | DMM英会話ブログ

 話題例

 『スモールトークでコミュニケーション能力をアップさせる5つの方法 – コミュリポ

 上達のコツ

 『雑談の核(コア)となるのはネタではない 読書猿Classic: between / beyond readers

 非言語コミュニケーションの重要性

 『外国人に英語で軽く話しかける時に使える質問(社交の場で英語で雑談)|OGのゆる〜い英会話BLOG

 会話に役立ちそうなもの

 『あなたの地位と人脈は《スモールトーク》が決めている/ダンバー『ことばの起源』応用篇 読書猿Classic: between / beyond readers

 試行した回数が増えれば、知識が増え話題が増える。挑戦の重要性。

 

 読んでいて思ったのは、量の重要性。次に全体の流れ、個別プログラム。始まり、終わり。他に共通の話題などだろうか。

 会話に集中するために、ルーティーン化、テンプレート化が有効なのかもしれない。

 スモールトークで言えば、多くが挨拶→軽い自己紹介→共通の話題→結びになっている。個人的に面白かったのは、結びに重みが付けられているように感じたところだ。自然なタイミングで切り上げる、終わらせることが大切とされているようで、何だか変な感じだ。サイクルを回すようなイメージを覚える。続けるか、終わらせるかの選択肢であって、きっと終わるものではないのだろう。

 共通の話題を、Hello talkを例にして考えると、プロフィールに書いてある情報が挙げられる。これはお互いに公開され、確認できる情報だと言える。Hello talkでは、プライバシーに関わる情報は公開/非公開が選べるので、公開してある情報を話題に使う分には、大きな問題はないと思っている。例えば住んでいる国、地域、地方の文化などだ。これは話題例だとか、会話に役立ちそうなものの記事で詳しく書いてあるし、恐らく探せばもっと有益なものを誰か書いてくれているんだろう。

 後は言語学習のきっかけも、話題になるだろうか。Hello talkは言語学習アプリだ。言うまでもなく、母国語以外を学ぼうとしている人が大半だろう。それ以外にも、国際交流目的の人もいるんだろうか。ワンナイトラブには向かないだろう、多分。

 母国語以外を学ぼうと思った理由、背景、エピソードは、誰しも少なからずあるんではなかろうか。国際交流もしかり。トガミの場合は暇だったから、将来、役に立つかもしれないと思ったから、ブログでなんか頑張ってる雰囲気を出したかったから、とかそんな理由だ。メインは頑張ってる雰囲気出したいになる。今になっても使っていないものを、年を取ったからといって使っている気がしない。

 Lang-8にて、「Hello talk入れたまではいいけど、話す相手がいない」みたいなことを書いていたら、「(id)でやってるからメッセ飛ばせよ(意訳)」というイケメン(女性)が現れた。『ネット凄い』と思った。三往復くらいで返事が来なくなったのは、時差の関係なのか、それともつまらない認定されたのか、どっちなのだろうと頭を抱えている。Hello talkが使えたこと自体には満足している。別の人にチャットを送るかは、もう一日くらい様子を見たいところだ。

 美女と楽しく雑談したいです、はい。長くとも今月中には飽きていそうだ。こんなことをしている場合なのか怪しい。