読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

人生のステ振り

 テレビを見ていると、青木隆治さんが出ていた。喉仏を自在に、滑らかに、縦方向へグルングルンとさせているのを見て、凄いなあと思った。喉仏の位置で声色が変わるということは、知識としては何となく知っていたのだけれども、鍛えるとこれだけの動きをするようになるのかと驚いた。喉仏周りをどうやって鍛えたら、ああなるのだろうか。特別なことをしているというよりは、地道な鍛錬の成果なのだろうけれど。

 人生のステ振りに思い悩んで、先延ばしにして先延ばしにして先延ばしにしてここまで来た。今になってもまだ先延ばしが出来そうな気がしている。いつか選択しなければならない日が来るのだろうと思うと、恐ろしくて仕方がない。それは今までツケていた分まで支払う必要があるだろうからだ。

 大袈裟に生きなければつまらない。大袈裟に生きればつらい。1が10であるかのようにレバレッジを掛けなければ物足りなく思うときもある。その分だけ自分にとっては落差を感じるし、結果的には『調子に乗るんじゃなかった』と後悔することになる。それで良いと受容する事も出来ない。

 どんな風に生きたところで、結局トガミは言い訳をするんじゃなかろうか。トガミはどんな風に生きられたんだろうか。今からどんなステ振りをすれば良いと言うんだろう、良いと言えるんだろう。いつもそう迷ってここまで来た気がする。これからもそうしていくんだろうか。

 満足のいく選択なんて出来るわけがないと思う。反面、満足のいく選択を求めている。

 未だに人生に慣れない。
 
 

広告を非表示にする