読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

備忘録 眺め

 目に見えたままの景色を書きたくなるときがある。どんな建物があって、どんな装飾が施されていて、どんな色で、どんな道があって、どんな出来事があったのか。しかし、それらが積み重なると、自分の首を絞めていくことになる。そんなこんなで、書き残すなら自分にしか見えない景色が良い。自分の中だけで留まっていることが良い。多分だけれども。


 最近は暑くなってきた。けれど、中途半端に寒いときもある。面倒な気候だ。髪を切りたい。イヤホンが欲しい。靴が欲しい。髪とイヤホンが同列くらいだろうか、靴はまだ間に合っている気もする。一番不便なのはイヤホンか。不便というよりは不快と言うべきか。古いのが断線してしまった。作業にBGMが欲しくなる質なので、出来れば早めに手に入れたいところだ。しかし、買いに行くのが面倒。

 
 4月も終わりが近付いてきている。何も結果が出せていない。もう残り一年もないのに。予定では残り10ヶ月ほどか。コードも英語も簿記もほとんど進捗なし。かと言って夢中になれるものが見つかったわけでもない。文章なんかは向いていないようにも思う。自意識が過剰すぎる。とは言えトガミには他にする事も無いのだが。


 アウトプットのないインプットは無価値だという。今日、ネットサーフィンに費やした時間は無価値だったのかもしれない。きっと目を通した記事には記事なりの価値があったはずなのだが、それはトガミの横をすり抜けていった。


 トガミは失敗を通過点とは考えられないようだ。何とも生産性が悪く、甘えた存在なんだろうなと思う。メモリ単位で広げられるようには意識していきたい。言及通知よりも、トラックバックの方がトガミの肌に合わないと感じた。関連のあるエントリを、それほど書かないし書けないからだろう。


 もう少し見える景色があるような気がする。どうすれば見えるようになるのかは見当がつかないけれど。


 
広告を非表示にする