読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

日記 将来の見通し

 大体想像が付く未来。

 フリーターになって一年が経とうとしている。シフト都合の人生。朝起きてから寝るまで、どんな一日になるのか。何となく分かるような気がする。

 来年も同じことをしているのだろうか。それは嫌だなと思うが、そこから抜け出す努力は出来ていない。今の収入では、自分の望む水準の生活は出来やしないのに。

 それより先の未来は想像できない。例えば実家から追い出されたら、介護保険を払うようになったら、何か重い病気にかかったら。すぐに生活が回らなくなるだろう。

 やりたいことも出来ることもない。目標とするところも見当たらない。貯金もなく、地元から出る気にもなれない。人間が変わるために必要なことの1つに、環境を変えることがあったが、そう簡単な話でもないらしい。

 やりたくて出来ることを増やしたい。しかしながら、出来ることが育つまでにも時間は過ぎていく。「時間切れには ならない」。そう言えないところが悲しいところだ。

 何を目的に自分を奮い立たせればいいのだろう。まともに努力したとしても、満足できるような仕事も、収入も、技能も、女性も手に入るような気がしない。そもそも満足した状態を描くことが難しい。

 自分の現状を考えると、派遣でも増しかと思うのだが、家族はそう思わないらしい。何が何でも正社員。なれるなら問題ないが、アルバイトすら充分に出来ていないことを考えると、あまり現実的に思えない。

 求人を眺めていると、どちらにしろ転職をする事になりそうだと感じる。年を取ってからでは体が持たないような仕事だったり、将来的には縮小するであろう仕事だったり。現在を蔑ろにしている以上、将来なんて考えても仕方ないのだが。

 要求されているであろう事項に、能力が追い付かない。それでも働くことは義務になっていて、思い悩み続けるんだろうなと思う。生きていく中で、普通の水準を上げすぎてしまった。心を入れ替えて、普通を取り戻そうとは思えない。あまりに要求が大きすぎる。
 

 

 
広告を非表示にする