読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

ブログに何を書けばいいのか?

はじめに

 11月が始まりましたね。なかなかブログが更新できないので、今日は「ブログに何を書いたらいいか」、「どのように」ではなく「何を」を心がけて調べてみました。

調べた内容

まずは読む

 タイトル通り。記事を読むうちに好きなものや専門分野の入口が見えてくると書かれています。他人の記事を読んだ感想をブログに書いてみるのも良いと思います。

「何故」について考える

 「何を」を書くためには「何故」が必要だと書かれています。また、「何故」を固めていくメリットについても書かれています。

「少し役に立つこと」を書く

 読む人にとって、ほんの少しでも役に立つことを書くことが大切だと書かれています。何もしないよりも小さな一歩!

「伝えたいこと」を考えてみる

 「何を書くかよりも、自分を表現してみよう!」という記事です。誰かに伝えたいことを考えてみれば書き出しやすいかもしれないですね。

※ただし炎上には注意しましょう。適切な表現を!

炎上(えんじょう英: Flaming)とはなんらかの不祥事をきっかけに爆発的に注目を集める事態または状況を差す。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/炎上_(ネット用語)

.

「他人が興味を持っていること」について書く

 「他人が興味を持っていることについて書こう!」という記事。Yahoo!知恵袋の有効活用方法や考え方についても書かれています。

「読んで貰えること」を書く

 “全ては「読んで貰える」為に。”この一言を体現している記事です。記事中にも書いてありますが、読まれることが一番の目的でない方は参考にしづらいでしょう。「何を」よりも「どのように」の方が大切だと書かれています。

「読者の悩み」について書く

 読む人の悩みに焦点を当てることが大事だと書かれています。書くときに参考になりそうな質問が幾つかありました。

「自分の悩み」から書く

 タイトル通りです。この記事も苦手克服の一環として書いています。更に苦手克服ネタの利点や、その例なども。

9つの視点を参考にする

 9つの視点と、それに沿った実例記事が挙げられています。考え方と成果物が見れるのは嬉しいですね。

おわりに

 何を書くか迷ったときは、とにかく「調べてみる」と新しい発見があるかもしれません。

 重複多し。ただのパクりにならないように気を付けたいと思います。まとめる力が欲しいところですね。

 それでは、またいつか。