読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

もう学びを活かす必要はないような気がした

 『学んだことを活かすって何だ』と思った。学校の勉強でも趣味でも自己啓発でも何でも良い気がする。活かす場面、場所、意欲みたいなものはどこに仕舞ってあるんだろうみたいなことを考えている。

 今まで学んだような気になっていたけれど、どこで使ったんだ。例えば、数学なんて何で使うんだみたいなことは言われることがあると思う。

 私の場合、もっと広く全部じゃないだろうか。目的を持って学んでこなかったと言うのもあるだろうけれど、何かが必要だと感じる瞬間はどこにあるだろう。

 学生であれば短期的には試験だろう。社会に出た/出損ねた後は。自分のアルバイトを考えてみれば、立っていること、機械に従うこと、マニュアルに従うこと。コミュニケーション力も極端に言えば必要ないような気がする。

 今の状況になった後に遡って考えるからおかしなことになっているのだろう。けれど改めて考えると、もう必要ないんじゃないかと思えてくる。

 学んだことを使う機会/場所はあるのか。学ぶがゲシュタルト崩壊しつつある。このままなのか。考える必要も、悩む必要も無いんじゃないのか。