読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

Twitterに見立てて書く

日記

 Twitterで連投をしていると、少ない文章量で適当なことを書いていた方が書きやすいんじゃないだろうかと感じた。

 早く書こうとすると、文章が普段よりも馴れ馴れしくなったり句読点の位置が不自然だったりする。けれど、それは自分の基準での話であって他人から見れば何てことない誤差なのかもしれない。

 僕は生活を出来るだけ文章にして残しておきたいなと今は考えている。少ない文章量で書こうとすると、更新数が一時的に増えそうだ。更新数が増えれば、恐らくこれまで以上に読まれなくなるだろうし、読み辛くなるだろう。それはあまり良いと思えない。

 何より恐れているのは更新数の差が出ることかもしれない。私はきっと思いつく限りを書き尽くしてしまうだろう。そうなったとき、再び書くかどうか少し自信がない。いや、恐らく書くだろうがこれまで以上に二番煎じが増えていくと感じるだろう。

 また、僕は切り分けが苦手だ。自分の脳内や生活をどこで切り分ければいいかが悩ましい。あまり適当に分けると、分けた意味があるのか分からなくなる。Twitterであれば分けた後も全てを参照しやすいが、ブログでは難しい。やはり、書き殴るならTwitterの方が向いているのだろうか。

広告を非表示にする