読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

今のアルバイトをしていて思ったこと

 私が接客業?をやっていて良かったと思うとき。それは対面に可愛らしい女性がいるときだろう。こういったアルバイトをしていなかったら、きっとそういう状況は生まれないだろうなと思う。

 次点で感謝されたときだろうか。感謝されたときは「間違えていなかったのだ」と感じる。積極的に非難するほどの不満は無かったのだろうと思っている。他人の本心は分からなくとも、自分がそう感じているならそれで良いと思っている節があるような気がする。

 相手に恵まれているときは本当に楽だ。楽だけれど自分は何のためにいるのか分からなくなる。その逆もある。何でこうまでして働かねばならぬのかと考えてしまう。

 致命傷を貰わないことを意識していきたい。