読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

カラオケが上手くなりたい

日記

 自分の声を録音してみた。

 月末に、地元にいる人間でカラオケでも行こうかみたいな話が出てきた。何の予定もないし、知り合いに会う機会もそれほど無い。今のところ、あったら行こうと思っている。日程も決まっておらず、捕らぬ狸の皮算用な気がしてならないのだけれど。

 見栄を張って、カラオケが上手くなりたいなと思った。上達の王道は録音して聞いてみることだと どこかで見たような気がするので録音してみるに至る。

 実際に録音して聞いてみる。今までに、録音した自分の声に違和感を覚える体験が何度かあったような気がする。今回はそれがなかった。自分の声には聞こえないのだけれど、違和感はなかった。歌よりも話しているときに録音したものの方が、違和感が大きいのかもしれない。

 高い声が出ていない。自分でも分かるくらいに音程がズレている。聞いているうちに恥ずかしさを覚えてくる。その中でも意外だったのは、声が震えていることだった。

 自分で声を出しているときには全く分からなかったのだけれど、歌声が震えていた。後で録音し直してもみたのだけれど、歌っている間には気が付かなくとも録音を聞くと声が震えている。不思議だ。

 検索してみると、対処として喉の余計な力を抜く、腹式呼吸ロングトーンの練習などが挙げられていた。アルバイト先から帰る車内で出来ないこともない……かな。他に車内ですることもないのだけれど、余計なことをして事故でもしたら洒落にならんの巻。

 『スマホを使った音程トレーニング その2 歌が上手くなるブログ@横浜』のような記事も目に入ってきて、かなり敷居が下げられているような気がした。上記で紹介されているアプリ、通信制限中でも動くかなあ。どうだろう。

 これをしても基本的に支出は増えない、移動時間なので新たに時間を割いているわけでもなく、車内なので自由が利くーーと思っているーー、恐らく傷つくようなこともないだろう。条件は揃っているし、試せるラインではあるか。他にも何か無いものかな。ながら時間活用等で検索してみるべきか。