読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

隠すために他人の言葉を借りてくる

 流石に他人が見ると気分が悪くなるような記事かもしれないなと思って流すために筆を執る。これからも嫌われるなら地道に嫌われていきたい。好きにしろ嫌いにしろ、他人の見た固定観念が自分という考え方もきっとある。

 『意識高い系の文章とは何か、気付きの過程を晒す意義について | 隠居系男子』を読んだ。

 上記の中で「他人の言葉」と「自分の言葉」が区別されている。私が文章を書く必要は無いのではないかと常々から考えるのは、きっと自分の言葉を殆ど持ち合わせていないからだろう。

 他人から言葉を借りてくるだけなら、自分が書く必要性は薄れる。勿論、無いとまで言うつもりはないし、今だって必要とされている分野はあるのだろうと思う。

 枠の中で書くと、枠を広げて書くの違いと表していたのは誰だっただろう。それは少し前のこと、一悶着が起きる前の言葉だっただろうか。

 他人の言葉を真似びながら、自分の言葉が生まれるのを待とうと思う。それに近づくのは書くだけでなく、見て、聞いて、体験して。そんな様々なことが必要なのだろう。都合良く考えれば、僕が生きればそれは変遷していくものなのだろう。上昇下降明日はどっちか。

 最近は、階層化に努めてみようとして挫折したばかりだった。そんな折に“ 「ストック」と「フロー」の中間を行くフォーマット”という言葉を見て、面白そうだと感じた。針路を傾けるならきっとそっちだろう。

 そんな「他人の言葉」。