読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

内向きにも外向きにもなりきれない文章

 Twitterのリアル専用アカウントを作った。

 昔もリア垢自体はあったのだけれど、あまりに死にたい死にたいばかり呟いていたらブロックされましたとさ。軽い口調で使うことが多く、実際とはかなり温度差があると考えている。それを知っているかはどうでも良いのだけれど、相手からしたら不快だっただろうなと。

 最近は気を付けているつもりなのだけれど根暗な文章は直しきれていない。直そうとすると多大な労力が必要なのと、直した後やけにキャピキャピした印象になるのがあまり好ましくないので、直すのが億劫だ。

 明るくはないまでも、あまり不快にならない程度には直していきたいと考えている。ハードルを上げると潜りたくなってしまうしね。それでもヘイトスピーチのような記事を書いてしまっているのは反省していきたいところ。

 このブログは私的な文章の方が圧倒的に比率が大きい。記事らしい記事も皆無で、近況報告のような日記が主を占めている。

  はてなブログと言えばオピニオンやライフハックが主流な気がするのだけれど、やはり開設した場所を間違えているような気がするな。 このブログを開設する前から充分に分かりきっていたのだけれど、結局は戻ってきてしまった。

 言い方は適切ではないと思うのだけれど、どちらかと言えばアメブロ向きなんだろうなと思っている。書いているうちの殆どが身内ネタみたいなものなのだけれど、知り合いにはこのブログのことを知らせていない。それでも読んでくれる人がいるのは少し不思議に思う。

 そうやって読んでくれる人がいるから、たまに思い立っては面白そうな記事を書こうとしてみたりもする。けれども、それは変だと言えば変な気がした。

 身内向けの日記を、知らない人にも読んで貰えるように工夫するのだけれど、それなら初めから身内に知らせて身内に向けて書いた方が楽だよなあ。読んでくれなんて言うのは気が引けるけれど、マイクロブログの区分で言えばTwitterもある。体感的な障壁は小さいような気もする。
 
 結局はTwitterのリア垢もつくったのだけれど、今のところはあまり呟く気がしない。一度は失敗してるからね。

 リア垢をつくった理由をーー聞かれてもいないのにーー話すとするなら、現実に知っている人の近況が知りたかった。

 外向きにブログをやっている人は身近なことについて呟きにくいだろうなと感じること、ネットで関わる人は私のバイアスがかかりやすいということ、同世代が見つけにくいということ。それらも理由として挙げられるだろうか。

 ある意味ではネットが全てだと考えているところがある。そんな目でネットを見ていると凄い人ばかりが目に付いてしまう気がして。普段はその方が面白いと考えているのだけれど、自分とはあまりに剥離しているように感じて、足場が崩れていく感覚がある。

 悪意を持って書くなら、空だけじゃなく、一歩先や一歩後ろも含めて見渡せるようにしたい。前だけ見て走るのは大変だ。

 それは結局、競争原理に沿って進むことに近いのだろう。比較に苛まれるのは莫迦らしいと思いながらも、幾つかの指標を組み合わせて位置関係を押さえていたいと思う自分がいる。自分に都合のいい指標で、出来るだけ上位に。そんな浅ましい考えが捨てられない。

 私が身内に向けて身内ネタを書かないのは、フィルターを掛けたいからだろう。現実と紐付けると取捨選択が難しくなる。半匿名で書いているのは、都合の良さを優先するためだ。

 外に向けて書きたい理由は何だろう。身内より抜きん出たいから、そして近くの人と話すのは難しいと思うからだろうか。

 抜きん出たい理由は優越感を感じたいからで殆ど間違いない。話すのが難しいと思うのは、そもそもこんな事を書くのが莫迦らしいと思うからだろうか。
 
 私は、はてなに引き寄せられるような人に憧れることが多い。だからと言って、現実ではてなの人格を持っている人と出会うことは中々無いように思う。私は殆ど外に出ないしね。

 そうは言っても、はてならしいはてなっぽさかと言われると違うのかもしれない。意識高い(笑)こじらせたような人になるのだろうか。元はてなのアイドルとはまた違った感覚で、煽りが入ると何だかなあとなる。

 そんな人を見ながら『うへえ、すげえ』なんて言いつつ、過ごしていたい。そうやって憧れに近づけないかななんて思いたいのだけれど、難しいのだろう。

 そんな事を考えながら、今日も中途半端な日記を書いている。