読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

音楽を聴いていて思ったこと

雑記

 近頃は洋楽を主に聞いていた。あわよくば英語の聞き取りでも楽にならないかなと考えていた。もっと発音単位で聞くか、単語を知っていないと役に立ちにくいようなそんな気がする。基礎力なんてものが皆無。

 つい最近、ちょっとした記事を書こうと思って、記憶を補完するために当時聞いていたボカロ曲を漁っていた。ちょっとのつもりだったのだけれど、懐かしさが重なって、最近は気が付いたら「歌ってみた」ばかり聞いている。

 歌を聴くとき、愛着は大事な要素なんだろうなと思った。聞いたことのない曲も確かに聞くのだけれど、なんだか自然と、聞き慣れた曲を聞こうとしているような気がした。

 
 青春時代の音楽は一生の中でも特別なものになると言われる。僕を振り返るとき、青春時代に聞いていたのはやはりボカロ、ひいては「歌ってみた」になるのだろう。当時、そんなことを考えたことはなかったが結果的にはそうなった。

 例えば、テレビで「ビートルズを何十年も聞いている」といった話を聞いたとき、『よく飽きないな』なんて考えたものだった。今になって考えるなら、私もそのうち飽きる/飽きないの基準から離れて、音楽を聴くようになるんだろう。

 「言われてみればずっと聞いてた」
 
 多分私にも、そんな事を言う日が来る。そんな気がした。