読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

枠から外れようとして枠に嵌まる

 何でこのブログを書き始めたんだっけか。

 初めの日記を見返すと、悪あがきや現実逃避のためだと書いてあった。その頃の気持ちなんてもう分からないけれど、真実を書いていたと思いたい。まだ半年も経っていない筈なのに、そんなことすら、もう思い出せない。記録から推測することしか、僕にはもう残されていない。

 記事が進むにつれて、少しずつ内容が変化していく。どれが正しいのかは分からない。それでも、自分が書いたことには変わりない。それでいいのだ。分相応の評価が欲しいと願った結果だ。嫌なら努力すればいい。それも嫌なら甘んじるしかないだろう。

 何となく思う。文章を書いているのはナルシズムを満たすためだ。書くことなんて無くなってしまったけれど、肥大化した自己は止まらない。毒も使いようだ。扱いきれずに身を滅ぼしかけている。だからと言ってそれから離れることは難しい。繰り返す、このナルシズム。
 
 前向きに考えれば、日を追う毎に自分の方が削り取られていく。必要な分だけ残るように、もっと軽く。

 時間があったところで、文章に乗せる思いや技術がなければ不十分だ。しかしまあ、本気では思ってない。駄文だろうと、日記だろうと、律儀に残してしまっている。そこには書くほどのことはありゃしない。

 他でナルシズムが満たせるなら、きっと文章は書いちゃいない。

 全能感は僕も気に入っている。僕は俺から離れているし決して私でもない。良い文章が感情を埋めてくれるかと言ったらそうでもない。駄文が心を埋めるのだと言いたくなる俺だっている。馬鹿みたいだと笑ってたい。

 内容は問われていない。自分が気持ちよくなるだけの文章、そんなものを書いていたって、そんなものしか書けやしなくたって。

 日記よ日記。安定した素晴らしい文章。今も憧れているし、そうありたかったが上がり下がりしか無いらしい。なんて読みにくい書き方なんだ。

 内容が無いようなら書き方に手を加えるっきゃなさそうだ。これにも私は枠を感じる。何処を向いて書こうとトリップしかない。僕でも俺でも私でもない文章の値。