読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

3 good thingsを大体一週間続けた

雑記

 

 3 good thingsの良いところは物事を別な側面から好意的に見られるというところだと言われる。例えば、「よく寝た」なんかは後悔の筆頭だと思うのだけれど、捉え方によっては良いことだったとも言える。その辺りの幅が広くなるのは、状況によっては望ましいと言えるのだろう。それにかまけ始めると、まずいのだろうけれど。極端には注意が必要だ。

 3gt × 英語はそれなりに相性が良いように思う。基本的には箇条書きの短文だ。慣れてきたようなら、そこから負荷を上げていけばいい。例えば、5w2hに気を遣ってみたり、日記風に文章の流れをつくってみたり、詳細を付加してみたり。ちなみに私は短文で書くのも精一杯です、はい。

 例え短文だとしても、どう書けば良いのか分からないときがある。私の場合は「車を直してもらう」がそれに当たる。初めから英文で考えていたら、恐らく書こうと思わなかっただろう。場合によっては、英語学習の刺激になる。私には辛すぎました、はい。

 見ていただけると分かると思うが、書いているうちに使い回しが増えてくる。大げさに言うなら、書くほどに幸せへの道筋が増えていく。自分が好意的に見ているものが増えていくにつれて、書くのが楽になっていく。目安としては、3つ書くのは2週間くらいで安定してくるのではないだろうか。

 少し気分が落ち込んでいるとき、自分が書いたものを見返せば、気休めや現状の打破のきっかけになるかもしれないと考えている。

 英語の学習には多大な労力が必要だと聞く。英訳は全くお勧めできないのだけれど、3 good things単体は一度勧めてみても良いかもしれない。辛ければ、その時点で止めれば充分だろう。私は疲れたので止めます。2週間も続かなかった。

 予約投稿の試験も兼ねて。以上、結果報告でした。