読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

涙に関して、自分の記録

雑記

 涙に関しての自分の記録。

 最近は泣くことが増えた。ここ二、三年で、これまでの人生の倍くらいは泣いているのではないかと思う。そもそも覚えているかどうかもあやふやで、近い将来の方が思い出しやすいというのもあるのだろうけれど。

 今日は三回、涙を流した。それまでの人生で泣いたときといえば、何かの節目、創作物、深夜の考え事が主だったと思う。何かしら感情が動かされ、泣くことが多かったように思う。

 最近は昼間でも涙が出る。特に何かあったわけでも無いはずなのだけれど。だからといって何か考えているかというと、昔に比べれば何も考えていないように思う。ただ何となく涙が流れる。

 一日に数回になってくると、尚更、何で泣いているのか分からない。原因が無いわけでもないのだけれど、泣くほどのことだろうか。

 泣く回数が増えるうちに、泣くことに抵抗が無くなっていった。とは言え、他人の前で泣くことは滅多にないのだけれど。1人でいても涙が零れるのを堪えていたことがあったが、最近はそれすらも面倒くさくなった。と言うよりも、恐らくどうでも良くなったが近いと感じる。

 基本的に泣いているときは1人で、泣いて何かが変わることもない。どうせ涙が出るなら放っておけばよいかと思うようになった。

 回数が増えると、一回辺りの質は落ちるのかもしれない。少し泣きすぎたか。かと言って、その分だけ積極的になっていないのは勿体ないことかもしれない。そんなことを考えた記録として。