読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

ブログの方向性を探る

ラクしてブログのアクセス数を増やすたった1つの方法 - デマこいてんじゃねえ!

10,000PVに届かない記事には価値がない。

ここでいう価値とは「影響力」のことだ。ブログは基本的に「個人の日記」でかまわない。が、もしも記事に影響力を持たせたいのなら、最低でも10,000PVは必要だ。これが私の実感だ。

ここでは影響力を

ただ記事を読んで終わりではなく、読者の次のアクションにつなげること

と定義している。

ブログのアクセス数を増やすには、大きく4つの戦略が考えられる。

  • 記事の投稿回数を増やす。
  • 旬の話題を追いかける。
  • いわゆる「釣り」を連発する。
  • 検索からの流入を増やす。

なお、人気の個人ブログは、アクセス数が跳ね上がるまでに2年ほどかかる場合も少なくない。「いい記事」を書くノウハウやバックナンバーを積み重ねるのに、だいたいそれぐらいの時間がかかるのかもしれない。

 記事に影響力を持たせたい。しかし、欲しいのはソーシャル拡散とコメントであって、それらの閾値は10000PVよりは低いのではないかと思う。実際、10000PVどころか1000PVも出したことはないが、見知らぬ人に焦点を当てると、確かに閾値はその辺りなのかもしれないと感じた。

 どうやってアクセスを稼ごう。

 1番目は難しい。時間があっても能力がない。労力をかけることが出来ない。どれだけ頑張ろうと、休みの日に4記事が精一杯だろう。時間、話題、気力、運。その全てが味方したところで、それぐらいだ。

 3番目。釣りも出来ることなら手を出したくない。続けたいと思う限りは続けたいし、好んでヘイトを集めたくはない。それを続けられる人は案外と凄いものだと感じさせられる。

 4番目は検索流入を留意する。勝手ながら、天の邪鬼とは相性が悪い。私は、くだらなく感じるであろう日記でも書き残しておきたい。それは検索流入の邪魔になるだろう。ブログを分ければ良いのだろうが、運営できる自信もない。

 だとすると、2番目。流行に乗り続ける。元々ネットには依存気味だが、それと旬の話題を追い続けるのとでは訳が違う。情報の速さと相応の正確さが必要とされる。

 結局はどれも無理なのではないか。無理だとしても、どれかに値を割り当てて能力を高める必要がありそうだ。

 更新数は増やしたくない。釣りもしたくない。検索も意識したくない。出来れば、旬の話題を追いたい。

 私が目指したいのはコミュニティーブログだ。きっとブログの中身よりも、他ブログとの関係性に重きをおこうとし始めるだろう。

 PVを追うだけでは意味がない。トラックバックを送り、送られるような。ソーシャル拡散をされるような。馴れ合えるようなブログになるのが第一義だろう。

 PVが増えるのは、その副次作用で無ければ。そのために気兼ねなくトラックバックできるような筆力や知識がいる。トラックバックされるような議題や価値の提供、内容がいる。足りないものだらけだ。

 PV第一主義になってはならない。しかし、PVは欲しい。そんなブロガー(笑)である。