読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

私が毎日更新を目指す理由

雑記

 毎日更新するように心掛けているのは、おすすめブログに載りたいから。何とも欲深い目標だ。

 何故おすすめブログに載りたいのかと考えると、知名度を上げたいからだろう。知名度を上げて、有名な人や見識が優れている人と馴れ合いたい。そんな人達が本当に馴れ合いをするのかは分からないけれど。

 有名な人は大抵、どこかしら優れている。普段から関わる人や、環境によって人は育つと聞く。そのような人と関わって、自分が凄くなったような錯覚に囚われながら過ごしたい。

 新着入りやホッテントリ入りが定期的に出来るのなら、そちらの方が望ましいのだろう。しかしながら、その方法では筆力が必要で、且つヘイトを集めやすいように感じる。新着入りでさえ実際には一度しかないので、印象論に過ぎない。

 どうすれば、おすすめブログに載せてもらえるのか。

 

 継続日数と読者数が重要な要素なのだろう。“「ブログ全体でよく読まれている」”とは、どういうことだろうか。複数の要素があるのか、単に明示は避けているのか。

 アルゴリズムが変わったとも書いてあるが、おすすめブログに載る基準が厳しくなったのは良いことやら悪いことやら。普段目にする記事の質が上がると考えれば、良いことなのだろう。

 調べていると、目指す先は“コミュニティブログ”なのだろうと思った。実際は蔑称だろうと思うけれど。どこからもヘイトを集める結果になりそうだ。ヘイトを集めないことなど、やはり無理なのだろうけれど。

 継続日数は、恐らく一週間ほどで基準を越えているものだと思われる。それよりも読者数+αが今は必要なのだろう。

 読者登録をしてもらうには、どうすれば良いか。定期的に質の高い同ジャンルの記事を書くのが王道だろう。しかしながら、ジャンルは決められない上に、質の高い記事を書く筆力もない。努力をしろと言われれば、それまでだが。

 何よりも新規の人に見てもらう必要がある。そのためには露出機会を増やしていきたい。ただの日記である以上、内容よりも何となく感性が似ているくらいを探った方が楽なのだろう。

 月並みだが、私には気になったことを書き続けるくらいしか選択肢がないらしい。

 言及記事や、はてブを通して、出来る限り誰かの視界に入るように努めていきたい。それが出来るだけ、今のインターネットは恵まれているのだろう。