読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

lang-8に登録してみたら、思っていたより面白かった

日記

 6時間半ほどの睡眠。
 1日の充実のために何が必要かを考えてみて、とにかく何かで時間を埋めて、そこから削っていこうと考えた。
 そこで、もう何度に渡って挫折したかも思い出せない英語に手を出すことにした。続かないことは何となく目に見えているので、続ける必要のない、負荷が少ない方法を模索しようと考えた。しかし、実際は留学や英語漬けなどの高負荷な勉強法の方が、ずっと効率がよいらしい。当たり前と言えば、当たり前の気もする。それが出来るのなら。
 そこで出来るだけ負荷が掛からない方向で考えて、TwitterのROM専に行き着いた。暇な時間にbotを眺める簡単なお仕事である。効果があるかは不明。
 そのついでに始めてみたlang-8が面白い。相互添削サービスなのだけれど、自分から投稿するより、他人の投稿を直している方が面白い気もする。
 てにをはの添削だけなら、大した労力ではない。更に、複数の人が添削に当たるので責任が分散される。それによって添削への心理的な障壁が薄くなり、多数の人が添削するようになる。多数の表現の平均を取れば、大きく間違うこともないだろう。
 忘れがちな気がするけれど、日本語も場合によっては技能の1つなのだと感じた。
 また基本的に添削をすると、相手から星が貰える。これによって、ちょっとした欲求が満たされるようだ。はてなスターも貰えるように頑張ろう。また今度。
 問題があるとすれば、面白くて時間が吸い取られる。気が付けば、何時間単位でlang8を見ていたりする。次にのめり込みすぎている。殆ど内容が重複するけれど、この間隔でいくと恐らく直ぐに飽きるだろう。もう少し、細く長く続けていくのが理想だ。最後に、全く英語の勉強になっていない。他人に上から目線で添削をするばかりで、何のためにやっているのか分からない状態である。むしろ、承認欲求を満たすためにやってしまっている気がする。
 対処として、制限をつくっていきたい。精々、合計しても1日一時間以内に収めていたいところだ。
 ちなみに、添削の数を稼ぐ為なのかもしれないが、やけに若い女性の登録者が多いような印象を受けた。カラーバス効果なのか、勘違いなのか。それでも、全体の4分の1くらいだろうか。
 こういった歯車を少しずつ埋めていきたい。大きさが合わないなら別なものを探すか、それとも削ってみるか。必要のない歯車は最終的に捨てていく。とりあえず今は、埋まるところにはどんどん入れていこう。