読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

自殺は、よく分からない

雑記

 はてなの一部の界隈で、自殺についての言及が再び盛んなようだ。人の生死に関わることなので適当な気持ちで書くことはどうだろうかと言われるが、取り敢えず書いておこうと思う。実際に資料を見たわけでもなく、専門的な本を読んだわけでもない。個人としての印象論である。正しいわけではないが、世の中にはこう思う人間がいるくらいで留めて欲しい。エスケープテキストで最も文字を連ねているかもしれない。
 まず自殺について書くことが不謹慎かどうか。知らない人間が何かを知ったかぶって書くことは、どんなことであろうと腹が立つように思う。その中でも、自殺が特に不謹慎だと叫ばれるのは、同じ種類の動物に関わることで、それが不可逆的な現象だからなのだろう。対象を同一視していないか、若しくは人が生き返るのなら、感情の変化の波は小さくなるのかもしれない。
 人は生き返らないが、同一視はどうだろう。これは生まれた環境や、生き方で変わってくるのだろうか。例えば、人種や地域、性格によって分けられ、自分と関係が薄いとして、感情の変化を和らげることが出来るのかもしれない。
 そう言えば、大事なことを忘れていた気がする。「自殺を否定することは正しい。」その空気に乗じて、正義を振りかざす絶好の機会だろう。感情に任せればいい。正しければ方法は問わない。それは、とても悲しく感じられる。
 自殺をする人は強い、弱い、成り行きによってといった意見を目にした。しかし、どれもが追い込まれて自殺するしかなかったと暗示しているような気がした。その逆は論じるまでも無いということなのだろう。
 恐怖と利得を天秤に掛けて利得を取ったら、それは理性的なのだろうか。理性が勝ったなら、それは強いのだろうか。利得をとって死ぬことは、追い込まれると表現しても良いのだろうか。自殺に追い込まれた時点で彼彼女等は弱者なのだろうか。
 そもそも人間に生きる価値はあるのだろうか。誰かが悲しんだとしても、その誰かも近い内に死ぬことが予想される。繁殖のためなら、繁殖が出来ない人間は死ぬべきだろうか。幸せに生きることが目的だとして、不幸だからと死ぬのは悪なのか。観測する主体は消滅するはずなのではないか。
 色々な質問が浮かんでは消える。これらが複合することで、何かが形成されるのなら、やはりそれは主体ごとに答えは変わるのだろう。分からないとは言える。分かる人は、きっと少数派だろう。
 生きる価値があるなら生きて、逆なら逆。結局は面倒くさくなったので、機会があったら次に考えよう。