短歌の目3月

2017年3月分です。よろしくお願いします。 1. 草 風が吹き草原なびく真昼には、あなたの声を思い出すから。 2. あま あまえると心が溶けてしまいそう。熱のある毒で強くなる僕。 3. ぼたん 掛け違い並びたがえたぼたん見て「僕らみたい」と小さく零す。 4. 鳥 さえずりの綺麗に響く鳥たちが自由の形を示している。 5…