読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星明かりの更新

真っ直ぐ立つために、少しの呪いを添えて。現人神へと変わるまで、リターンズ。

20161118

自分の気分が落ち込みだすサイクルは20日間くらいなのかもしれないなと思った。ネットで検索をしてみると生活に支障が出る人はサイクルが長めになっているようで、20日間だと感じるくらいなら、自分の気のせいだと切り捨ててもいいのだろう。 思い知らせ…

20161112

バイトをしていりゃ流れ弾、言葉の切り口浅めだが、気が滅入った哀れだな。 早く起きなきゃいけないなあと思った。それに合わせて早く寝ないといけないなあとも思う。 日記を書いていると、似たようなことを書いていても、土日の方がアクセス数が少ない気が…

20161111

Wikipedia を見ながら自分の動機だとか欲求について少し考えていた。 獲得:財物を得ようとする欲求。 保存:財物を収集し、修理し、補完する欲求。 秩序:整理整頓、系統化、片付けを行う欲求。 保持:財物を持ち続ける、貯蔵する、消費を最小化する欲求。 …

20161110

起きたときには時計の針が十時を回っていた。足早に準備を済ませ、朝ご飯を食べる時間もないままに家を出る。車を走らせ、アルバイト先に着いたら作業を始める。 作業にも色々な種類があるが、一つの大きめな目的のもと、短時間で終わる小さな作業に集中する…

20161108

12月中に仕事を辞めると言い出し、退職の日程を調整しつつ、ふたたび退職の意向を取り下げました。私です。一年ぶり二度目の取り下げになります。ええ。はい。一種の恒例行事と化しております。はい。 何してるんだーーーーーーーーーーーー! へーーーーー…

20161107

11月の後半に連休が入ったので、出来ればふらっと軽い旅行にでも行きたい。どこに行こうか悩んでいたのだが、前に北海道、東京、静岡、名古屋、京都、福岡あたりに行きたいと書いていたことを思い出した。今までに行ったことがないところを考えると北海道…

20161105

「家に帰ってから何をしてるんですか……?」 目の前の女性に不思議そうに聞かれる。自分がスマホでゲームをしないこと、そしてドラマを見ないことはその女性含め周りの何人かに何度か話している。無職期間はよくアニメを見ていたのだが、最近はアニメを見るこ…

20161104

ごくごく短期で見れば目の前で好きな人が笑ってくれてたら幸せだと思う。この条件だけ考えれば良いのなら別に職業なんてなんだって良いし年収だって生きていけるだけありゃそれでとりあえずは良いんじゃねえの。場所を移したらこれ全部なくなってしまうんだ…

20161103

自分の人生経験をコンテンツにするだけではいつかネタが切れるという言説をよく見かける気がする。だとすれば、文章や感情なんかも、そのまま自分のものを使うだけでは底が見えるんろうか。だとすれば、どこからか学ばないといけない。けれども、自分が持っ…

自分の2015年を簡単に振り返る

201502 気分が滅入っている更新が多い。 201503 チェスを覚えようとしているらしい。 Ruby を勉強しようとしているらしい。 登山をしたらしい。 PHP を勉強しようとしているらしい。 手帳を買いたいと書いてある。 アルバイトがフルタイムになったらしい。 2…

自分の2014年を簡単に振り返る

201403 無職期間 再び「はてなブログ」を始める。 「昼過ぎに目を覚まし、アニメを見て、デモンズソウルというゲームをして、海外ドラマを見て、日記を書く」という生活の流れが多いらしい。この頃は公務員を目指しているようで、勉強に集中できていないよう…

201610 月記

上京か地元かの悩み 2016年の10月が終わった。10月の初めは東京に行くかどうかを迷っていたらしい。その悩みは今も続いている。予定では今月中に退職の意向を伝えて、12月いっぱいで辞めているのだと思う。 Python いつの間にか python の学習もしなくなって…

20161030

Paiza の SQL入門講座を一周した。まだクエリ、サブクエリ辺りの知識の理解が追い付いていないらしい。分からないものを説明できる訳もない。入れ子構造の延長なんだろうとは思うのだけど、実際に書き下すことと頭の中でフワフワしているものが結びついてい…

20161029

ぼちぼち Paiza の SQL講座を進めている。今年の11月7日までが無料期間になっているらしいので、それまでには終わらせておきたいなあと思う。このペースが続けば三日か四日くらいで終わるだろうし、調子さえ良ければ今日明日くらいには終わらせられそうだ。…

20161028

酒が抜けない。弱かったら何も守れない。守るものがなかったら強さの意味がない。何度か書いている気がする。事あるごとに。今回もまた見ているだけだった。何が足りなかったんだろう。勇気、腕力、虚勢。それともプライドが余り過ぎていたか。弱かったこと…

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」 1.はてなブログを始めたきっかけは何ですか? 他のブログサービスではなくはてなブログを始めたきっかけは、他のブログサービスと比べて雰囲気が明るくは無かったから。続い…

20161026

引いてしまったようかな風邪。体がいつものように動かねえ。届かせたいんだ、いつものとこまで。誤魔化したいのさ明日が来るまで。 一つ二つ三つ浮かぶ俺の望み。そして一つ二つ三つ消えていく泡のように。先を見ては思う戻りたいあの頃に。いつか夢見てた道…

20161025

自分がやりたいことを考えている。前に考えたときにある程度の方向性は見えていて、好きな女の子と話していたいと歌を歌っているが最適解だった。新しくなんかが加わったかを考えてみるが、たぶん加わってないよなあ。自分ではそれで金を稼げるわけもなく、…

20161025

失敗をするための場所だとしても、まあまあ心が痛む下手さだ。【君は】020 君は音を知らない— 創作お題bot@君は空を知らない (@xkssx) 2016年10月25日

20161023

最近はこの職場が天職なんじゃないかと思いだした。職業ではなく職場が。悪いこともあるが何とか耐えてこられているし、良かったことを再確認することもある。足りていないものが何か分からない。本当に何かが足りていないのかさえ分からない。このままで終…

20161021

朝まで遊び、作業に追われ、気が付けば時が過ぎた。音楽を聴きながら、自分は他人に影響を受けやすい人間だと感じていたことを思い出した。何かを始めるときは自分で始めるよりも、誰かと一緒にだとか、誰かに勧められて、なんてことが多かった気がする。ま…

20161017

『今日は出来ることなら文章をタイピングしたい気分だな』と思って、ペンタブを机の脇に置いた。自分の外のお手本をなぞるときはペンタブの方が勝手が良いが、自分の内にあるお手本をなぞるときは、言葉の方が勝手が良さそうな気がした。そうやって自分の内…

20161016

20161015

間に合わない

20161014

この一週間くらいで急に寒くなった。今のところ体調は悪くない。風邪を引いている人、気分が滅入っている人はお大事に。こちらは元気です。 最近はペンタブを買って、それを使って遊んでいる。楽しいとまではいってないと自分では思ってる。けれども他のこと…

20161014

上達する兆しが見えない

20161014

トレース。これでも四時間は溶かしている

20161012

20161011

体を浮かべる

水に浮かぶ練習をする。溺れそうになって苦しくなる。もがいても、もがいても、楽にならない。冷静になれば底に足が着く。楽だ。景色は変わらない。しばらくすると、水位が増すんじゃないかと不安になる。水位が増したら溺れてしまう。鼓動は速くなる。心な…

誰のファッションなのか

誰のファッションなのか分からなくなる。プログラミングも英語もブログも絵も音楽も創作も、興味はあるが長続きしない。出来たら面白そうだなと思う。けど、これは本当に自分の持ち物なんだろうか。憧れているのは確かだろうが、俺はそれを手に入れることを…

遠い

最近は、というかここ二日から三日間は言語処理100本ノック 2015に取り組んでいる。ただコードを見ているだけなのにしんどい。コードを見るのが辛いと言うよりも、恐らく、コードの内容が分からないのが辛い。物理的には見えているが、意味的には全く見えて…

pythonを使った、英文を分解し,アルファベットの文字数を取得したリストの作成の学習メモ

sentence = "Now I need a drink, alcoholic of course, after the heavy lectures involving quantum mechanics." count = [len(word.strip(".,")) for word in sentence.split()] print(count) 言語処理100本ノック 第1章 in Python - Qiita sentence="Now…

pythonを使った、文字列の相互連結

s1 = "パトカー" s2 = "タクシー" print(''.join([char1 + char2 for char1, char2 in zip(s1, s2)])).join とは join: 文字列シーケンスの連結 sep.join(seq) sepを区切り文字として、seqを連結してひとつの文字列にする。 今回は区切り文字を用いず、[char…

pythonを使った、リストの逆順ではなく文字列の反転

大体のプログラミング言語では reverse メソッドが使われるらしい。しかし、python には reverse メソッドに当たるものがないらしい。reverse メソッドがない代わりにpython ではスライスを用いる。 スライスとは オブジェクトの中の指定した範囲の要素を持…

疑問の矢印方向

「東京に行こうと思ってます」と言ったら、「凄いね」と返ってきた。凄いわけではないだろう。行こうと思うだけなら誰だって出来る。自分だって出来る。まだ実際にバイトを辞めたわけでもない。お金が用意できたわけでもない。手続きが進んでいるわけでもな…

支え方は思いつかなかった

バイト先の人が「友達もいなくて、仕事も出来なくて、アタシは本当に生きていてもいいのかなって思うんです」と話していた。ここまで書いてしまうと自分としては具体的に書きすぎてしまっている感覚があって、せめて投稿する日付なんかをズラして、職場では…

「文章とか向いてそうだよね」と言われて

「文章を扱う仕事とか向いてそうだよね」って言われて、褒められているようで嬉しかった。言葉の裏には何かあったのかなあー。考えない方が幸せそうだ。やたら滅多らに書き連ねても何も思わないように見えるのも、案外と文章に向き合うことに抵抗がないから…

劣等感の使い道がよく分からない

気が付けば九月も終わりが近づいているらしい。ああ、今年も終わるなあ。俺の人生はどうなっているんだろうなあ。期待というべきか興味というべきか破滅願望というべきか。破滅願望なんて綺麗なものではないだろうなあ、単なる思考の足りない馬鹿だ。いや思…

自分の期待を消したい

頭が痛い。そんな話をしていたらバイト先の人も同じ症状を訴えていて、少し嬉しかった。頭痛を抱えるのはツラい。けれど、好きな相手と同じ感覚を自分が共有しているのだと思うと、同じ世界を生きられているような気がして少し嬉しかった。ただツラいだけの…

水が欲しい

気分が滅入る時期に入っているらしい。らしいとしか言えない。何か指標があればいい。何か数値化できればいい。出来てしまったら次は何が問題になるのだろうか。苦しいとまでは言わないが、どうだろうな、息苦しいか。並べられた積み木をひっくり返したいだ…

短い歌

1. 星 いつだって、帰り道には星溢れ、家の灯りがまた瞬いた2. 吹 風よ吹け。相も変わらずに来る夜更け。託す言葉は今もそのまま。3. はちみつ(蜂蜜、ハチミツも可) 甘すぎた蜂蜜の味、探すギター。滲んだ苦さが分からないまま。4. 川 川沿いに石を並べた…

『さらば、鏡と顔と君と』

好みのフレーズだったからどこかに残しておきたくて、タイトルにした。 目の前の課題が終わらない。ぼちぼち日記を書きたいとは思うのだが、目の前の課題が頭にちらついて、日記を書いているような場合じゃないような気がしてくる。確かに日記を書いている場…

ほぼ日手帳を5ヵ月くらい使った感想

ほぼ日手帳オリジナルを買ってから、だいたい5か月ほど経っているみたいだ。固有番号は1293255。 現状は思ったよりも手帳を活用できていない。一週間に一回くらいのペースで、申し訳程度に一言二言書いているらしい。先に書いておくと、手帳側の問題…

夏に忘れた宿題たちへ

夏 夏に触れ、暑さに耐えたあの昼へ。波打つ水が流していくか。 海 砂の城。上手くはできず無駄な日を費やすことも必要だろう。 太陽 じりじりと僕らに迫るこの日々を、見守る太陽お忘れなきよう。 サンダル サンダルを履けばよかった。あの夏の白い砂浜。ひ…

広い世界と狭い世界という感覚

アルバイトの作業中に、これはきっと狭い世界の出来事だなと思った。例えば、英語だとか、プログラミングだとか、会計だとかは広い世界の出来事なんだろうなと思う。 自分の考えたこと自体ってのはきっと狭い世界の出来事で、自分の書いた文章っていうのは広…

「アイ オーダー」が分からなかった

「???」 外国人に話しかけられた。上手く聞き取れなかったが「アイ オーダー」と言っているように聞こえた。今から商品を注文するのかと思って注文票を渡してみたが、どうやら違うみたいだった。相手はまた困った顔で、「アイ オーダー」と言った。その後…

いま取り組む問題

今日は可能な限りですます調で書きます。意味はありません。 最近はやることを減らそうとしています。けれど、上手く減らしきれていません。自分にとって何が大事なことなのか、優先順位を決めることが苦手です。自分の手から溢れそうだとは感じていても、あ…

人間関係を続けるのに根性がいる

人生でやりたいことを考えていたら終わってしまうような人生だ。会社からの帰り道に、横顔を眺めながら可愛いなあと考えるのだけど、人生でこの時間を増やすってのは限りなく難しいように感じていて、今だからこそというか、偶然に感謝というか、既に起こっ…

記憶を持ち続けるということ

物語の終わりは、いろいろなことを考えた気にさせる。 『時をかける少女』のドラマを見ていた。アニメ映画を見たときの衝撃が、今も自分の中に残っているのかもしれない。自分の中の景色を変える眼球のようなそれを、今なお欲しがっている。 ドラマの中で、…