読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現渫フラグメント

少しの呪いを添えて

「アイ オーダー」が分からなかった

 「???」

 外国人に話しかけられた。上手く聞き取れなかったが「アイ オーダー」と言っているように聞こえた。今から商品を注文するのかと思って注文票を渡してみたが、どうやら違うみたいだった。相手はまた困った顔で、「アイ オーダー」と言った。その後に「ジュウ」と付け加える。『ああ、多分もう頼んだ後で、商品を取りに来たんだなあ』と思って周りの人に確認したら、商品が届いていると連絡を受けたので、他の人に引き継いだ。ずっと「 I order 」だと思っていたが「 I ordred 」だったらしい。仮に話し掛けていた人間が物分かりが良い人間だったら、もっと早く手続きが終わっていたのだろう。もしくは英語が分かるような人間だったなら、か。外国人も大変だ。

 多分お客さんは、自分が英語が分からないだろうと気を遣って、それ以上に省略できないくらい、出来るだけ簡単な言葉で話してくれていたのだろうが、たった一言二言も聞き取れない自分の英語力の無さに、少し落ち込んだ。ざっと検索をしてみると、「~を取りに来た」は「 I came here to pick up ~ 」くらいになるらしい。これが英語として正しいのかは分からないが、言われたところで分からないだろうなあとは思った。

 こんくらい分かるようになりたいなあと思うのだが、きっとそれは傲慢なんだろう。大して何かを変えようともせず、都合の良いところだけを引っ張ってくるってのも難しい。中途半端になるだけだ。世界の方が自分に合わせてくれる優しさを見せてほしい。いや、たまには見せてくれるのだけれども、もっと頻度を上げてほしいというか。

 訳もなく、自分はもっと何か出来たんじゃないかと思うのだ。そんなこともないだろうに。音に隠れた"ed"を聞き取れる耳が自分にあれば、目の前の人を困らせることもなかっただろう。自分の仕事を理解していれば、他にどんな選択肢があるのかを考える時間も必要なかったんだろう。自分に能力さえあれば。

いま取り組む問題

 今日は可能な限りですます調で書きます。意味はありません。

 最近はやることを減らそうとしています。けれど、上手く減らしきれていません。自分にとって何が大事なことなのか、優先順位を決めることが苦手です。自分の手から溢れそうだとは感じていても、あれもこれも詰め込みたくなってしまいます。英語も勉強しなきゃならないような気がするし、会計も勉強しなきゃならない気がするし、プログラミングだって、投資だって、生活習慣だって、筋トレだって、コミュニケーションだって……。足りないことばかりが頭に浮かびます。本当に必要なのかは分かりません。けれど、必要になってからでは間に合わないような気がします。何が大事なのか分かりません。すべてを満たすための時間と気持ちも残っていないように思います。

 
平和な閉塞感は、解消すべき課題なのか?(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)


 閉塞感があります。幸せではないかもしれません。それに近い、一歩手前くらいのところをウロウロとしているように思います。不完全な自分を受け入れられていないのかもしれません。かと言って、完璧な人間になることも出来ないので難しいところです。何か一つを選べと言われても、一つでは不安になります。「あれもこれも。念のためにそれも」と加えていくと、荷物はどんどんと増えていきます。隣の芝生は青く見えます。自分が手に入れたものはあってもなくても変わらないように思えます。

 
ここではないどこかを求める心理


 ここではないどこかへ行きたいとよく考えます。どうやったら行けるのかは分かりません。こうした考えの背景には、依存体質や現実と直面することを避ける精神的未熟さがあることが多いようです。

 優先して考えるべきことは、自分に何が出来るのかと自分が何を残せるのかだと思います。何が出来るのかが分からないと、自分は前に進むことが出来ないように感じます。けれども何が出来るのかは、実際にやってみないと分からないとも思います。それなら期限を決めるだけ決めて、後回しでもいいのかもしれません。今、そして恐らくこれからの自分は行動する気がありません。今は自分に何が出来るのかと問う必要もないのかもしれません。

 毎年のように、今年こそバイトを辞めてまともな仕事を探すと呟いています。まともな仕事が何なのかも、はたして自分がその仕事に就くことが出来るのかも分かりません。ただ、辞める準備だけはしようと思っています。コツコツと業務引継書をつくって、毎日出来るだけ楽しく仕事が出来るように努めています。直属の上司と呼んでも差し支えない先輩にはお世話になっていますし、なるべく迷惑がかからないような形で軟着陸したいと考えています。好きな人もいれば嫌いな人もいます。仕事内容は好きではありませんし、アルバイトなので給料もそれなりです。三年後に会社が残っているかさえも分かりません。それでも、トータルで見ればそこそこ満足していて、今年も踏ん切りがつかずに愚痴を言い続けているのかもしれません。今にも崩れそうなバランスの上で、いっそ崩れたら楽になれるのかもしれないとさえ考えます。自分は会社ではなく、先輩の仕事にコミットします。きっとこれだけは変えません。けれど、それにも限界があるのだろうと感じています。まずはこの仕事を終わらせないといけないのかもしれないと思いました。現実から目を逸らして、先輩に依存している場合でもないのでしょう。自分が今いちばんに取り組むべき問題でもあると思いました。

人間関係を続けるのに根性がいる

 人生でやりたいことを考えていたら終わってしまうような人生だ。会社からの帰り道に、横顔を眺めながら可愛いなあと考えるのだけど、人生でこの時間を増やすってのは限りなく難しいように感じていて、今だからこそというか、偶然に感謝というか、既に起こったこの時間を少しでも美しく、少しでも長く保てるように努力するのが妥協点なのかなと思う。前に進む勇気はないし、後ろに下がる気だってない。時間は流れるし、人は老いるらしい。全知全能の神が作ったとしたら欠陥としか思えない。それとも嫌がらせか。百歩、千歩、万歩譲ったところで死の存在理由は受け入れられたとしても、病や老いをつくったのは理不尽に思う。

 根源的欲求があると信じている。そうすれば簡単に自分が救われるだろうと思っているから。それが満たされれば自分という容器すべてが満たされるような、そんな何かがあると信じている。日常的に仲良しする相手がいればまた変わるのだろうか。とは言え彼女はいないし、甲斐性もない。定期的に支払うようなお金もないし、出逢えるような魅力もない。狭い田舎でナンパをすればすぐにでも素性が割れるだろうなあというのも億劫だ。

 毎日のように人間関係を続けているとすり減って投げ出したくなる。家族っていうコミットメントの存在は存外大きい。このままだと家族が死んだあとは基本的に孤独だろうなあと考えてみるが、どうしたって仕方のないことなのだろう。閾値を超えない人間関係は保つのに神経がいる。人間関係の閾値の超え方はいつしか忘れてしまった。

 自分の中でこれは喋るべきじゃないだろうなあと感じることがあって、それは大抵こうしてアカウントを住み分けながらネットに書いている。その方が人間関係が上手くいくだろうなあと思うし、自分と似たような人間っていうのは中々いないか、それか自分から見て似たような人間は自分と似ているとは思わないらしい。

 窮屈だなあと思う。現実でもインターネットでも。孤独な方が案外と自由なのかもしれない。他人に言わせれば当たり前に受け入れなければならないことなのだろうけれど。

 酒が飲みたい。酒を飲んで、自分の致命傷になるようなことを他人に話さないような人に、自分が話したいだけのことを延々と話していたい。一杯の缶ビールすらろくに飲めやしないけれども。家族に一割、友人に二割、職場で二割、ネットで五割。全部を話せる相手ってのは幻想なのだろう。けれど常に使い分けられるほど自分は器用じゃないし、幻想を欲しがってしまう。

 人間関係を続けるのには根性がいるのか、それとも根性がいるような変な選択の癖を身に付けてしまっているのか。考えても中々分からないことばかりだ。他人が動かせないならもう少し自分が図太くなるほかないんだろう。けれども、きっと他人から見れば自分も相応に図太いのだろうし、この辺りの認識のギャップが自分の中で埋められたらいいなあと思う。